2020年7月26日

新型コロナウイルス...ワクチンで「救」われたい!

20200722_kanji01_1.png  今回は小学校4年で勉強する文字「救(きゅう)」のお話をします。
 「救」の、文字の成り立ちは、攴(ぼく)、(攵)=たたくの意=と、求(すく)=(けもの)の毛皮=との合意による、合意(けん)形声文字です。
動物のたたりから身を「救」うために毛皮をたたくという意味から「救」という漢字が成り立ちました。
 読みは、音読みでは「キュウ」。(くん)読みでは「すくう」です。部首は「攵」(ぼくづくり)となります。
 意味は、①助ける ②ふせぐ、とめる ③ただす、治める となります。語例(ごれい)としては、救世主、救助、救命、救国、救急-などです。
 1日も早く、新型コロナウイルスのワクチンが発明され、コロナから救われたいものですね。
(産経国際書会常務理事 山本晴城)

20200722_kanji02.png