十字路を進む 「行」

kanji_20170413_1.png  「行」は甲骨文(こうこつぶん)金文(きんぶん)でわかるように、十字路(じゅうじろ)象形(しょうけい)で、「みち・いく」の意味(いみ)(あらわ)し、(べつ)に「(ととの)った(れつ)」の意味があります。
 一説(いっせつ)には(へん)の「彳」と(つくり)の「亍」からできた文字(もじ)とも()われます。「彳」は左足(ひだりあし)(あゆ)むようす、「亍」は(みぎ)足の歩むようすです。あわせて左右交互(さゆうこうご)に足を(うご)かし(ある)くことをいうのです。どちらの説も、目的地(もくてきち)()かい行動(こうどう)する、ということでは共通(きょうつう)しています。
 (あたら)しい学年(がくねん)(はじ)まっています。目標(もくひょう)をしっかりと()めて、力強(ちからづよ)(まえ)(すす)みましょう。

(書:産経国際書会副理事長 髙橋照弘) kanji_20170413_2